モトグッツィの試乗会に参加してきたよ 前編(V7レーサーインプレ)

2014.04.29 Tuesday 15:14
0
    V7レーサー
    HITACHI WoooケータイW53H AE JPEG

    2014年のゴールデンウィーク前半は、イタリアのバイクメーカーであるモトグッツィのバイクの試乗レポートをお送りしたいと思います。なお、今回はモトグッツィだけでなく同じくイタリアのアプリリアのバイクにも試乗できたのですが、残念ながらスクーターしか試乗できなかったため、モトグッツィに狙いを絞って試乗しました。

    その中で、1台目の試乗車として、エンジンの小さい方であるV7レーサーを選びました。まあ、小さいと言っても750ccあって、大型二輪免許は必須なんですけどね。そんなV7レーサーですが、昔のカフェレーサーをイメージしてつくられたレトロバイクです。レトロなので、カタログ上の数字よりも昔のバイクの雰囲気を重視してつくられ、見た目だけでなく振動や音にもこだわってつくられています。このV7レーサーのテーマであるカフェレーサーについてですが、1960年代のイギリスで流行った公道レースの改造スタイルで、それをメーカーが現代に甦られた形になります。

    インプレッションでも書いてみます。
    今回も残念ながら、両足同時に付けることができませんでした。が、片足だけならお尻をずらさなくても付けることができます。あと、シートが滑りにくい、結構質感の高い素材が使われているようです。
    そしていざ発進、となったのですが、発進操作がかなりしづらかったです。クラッチが突然つながって、急発進になってしまったことがしばしばありました。これは、クラッチ操作を慎重にする必要があるようです。あと、ペダル類が激烈に重く、特にギアチェンジは全力で踏み込まないとできませんでした。しかし、スピードがノってくると車体がビシッと真っすぐに直立して立った状態になります。わざわざ言葉を重ねているのは、それだけビシッとしているという表れです。
    走る事は楽しいのですが、残念なことにこのバイクは1人乗りなので、後ろに人や荷物を乗せるなど実用性はさっぱりありません。一応タンクは鉄製なので磁石でくっつけるタンクバッグは付けられますが、本当にそれだけなので、割り切るか創意工夫を重ねる必要があります。

    結論を申し上げると、このバイクはまさに「乗って楽しいバイク」です。モトグッツィのバイクは独特なつくりをしているのですが、独特すぎて個性が強烈で、動作がトリッキーになってしまいました。それを「扱いにくい」として敬遠するか、「おもしろそう」として受け入れるかで分かれそうです。そういう意味では、好きと嫌いが両極端に分かれそうなバイクであると言えるでしょう。しかし、筆者はとても気に入りました。それは、筆者がいかに変わり者であるかということを端的に表していると思われます。

    PV

    ニコニコ動画
     
    総合評価:☆☆☆☆☆ 10点満点中9点
    バイクの形をした、バイク以外の何かです。好き/嫌いが真っ二つに分かれるバイクでしょう。

    JUGEMテーマ:バイクのある生活。
    Comment
    オートバイ解体新書からきました。年間1200Kmくらいの走行距離で、試乗だけで「乗って楽しい」とか「個性が強烈」なんてわかるものなのですか?また、足つき性だけじゃなくハンドリングとかエンジン特性とかサスペンションとかのインプレもあればうれしい。
    • とおりすがり
    • 2014/04/29 10:10 PM
    > とおりすがりさん

    コメントありがとうございます。

    このブログはあくまで日記なので、バイクのことがわからない方にもわかりやすいように書かれています。
    そのため、各論については端折っています。
    ご了承ください。

    そのため、各論については、コメントで補足します。

    仝沈
    これについては、基本的な操作で「これは違う」と思わせるつくりをしていて、
    「そもそもどうすれば事故なく試乗を終えられるか」と考えてしまうくらいトリッキーでした。
    そういう意味では、経験が浅くとも理解できる、非常にわかりやすい個性でした。

    ▲┘鵐献
    エンジンについては、まず振動がすごいものでした。
    ハーレーほどではありませんが、ヤマハ SR400の単気筒エンジンのような感じでした。
    パワーに関しては、トルクが非常に太く、低回転域でもグイグイ車体を引っ張ってくれました。

    サスペンション
    サスペンション自体はしなやかで、路面のゴツゴツをうまい具合に吸収してくれていました。
    しかしつくりがややプアーなところがあり、荷重の変化で結構車体が前後に揺さぶられました。
    これは、あくまでレトロバイクというスタンスなので、高荷重をかけるのは想定していないものと思われます。

    質問などありましたら、追加のコメントいただければお答えいたします。
    • C4
    • 2014/04/30 11:37 PM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Google AdSense
    niconicoプレミアム会員
    ニコニコ生放送
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • その「やりがい」、もしかしたら「搾取」かもしれませんよ?
      バカボン
    • その「やりがい」、もしかしたら「搾取」かもしれませんよ?
      C4
    • その「やりがい」、もしかしたら「搾取」かもしれませんよ?
      バカボン
    • 練習しなくても楽器が上手くなる方法は・・・あります!
      C4
    • 練習しなくても楽器が上手くなる方法は・・・あります!
      A-co
    • 【緊急特集】アルテマンドリニスティカは社畜養成所か
      C4
    • 【緊急特集】アルテマンドリニスティカは社畜養成所か
      黄昏
    • 地域おこし協力隊を辞めました
      C4
    • 地域おこし協力隊を辞めました
      C4
    • 地域おこし協力隊を辞めました
      乞食太郎
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...