『必ず食える1%の人になる方法』書評

2017.12.06 Wednesday 22:08
0

    奈良市立一条高校の民間校長を勤めている藤原和博先生の本を買ってみました。キングコングの西野亮廣さんが「学校の先生の中で、唯一「お金とは?」という問いに答えられる先生」と一目置かれている方なので、奈良に所縁があるのも相まって、ようやく阿倍野のジュンク堂で手に入れられました。

    本の頭出しです

    SONY Xperia Z5 マニュアルAE WB:太陽光 ISO200 JPEG

     

     

    いきなり結論から入りますが、この本はまさに「これからの進路を決める本」であると断言できます。この本には目指すべき人物像を4つのタイプに分類しており、それぞれのタイプで「1%の」人間になる具体的な方法が述べられています。具体的には、経済面に重きを置くか否か・サラリーマン志向かフリーランス志向か、の2つの指標を元にしています。

     

    いやぁ、筆者ももし学生時代にこの本に出会っていたら、今とは全く違う生き方をしていたことでしょう。もっとも、2000年代後半はまだSNSなんてありませんでしたが。

     

    とはいえ、最初から「自分はこういうタイプの人間だ」と断言できる人は多分稀だと思いますので、どのタイプに分類するにしても、まずは全て通しで読むことをオススメします。全て読み終えた所がで、「自分はこのタイプなのかもしれない」と思うのが正しい読み方だと思われます。

     

     

    ひと昔ならば、親が言うように「いい学校に入って、いい会社に入って、会社を定年まで勤めて、定年退職後は悠々自適の老後生活」というテンプレートがありました。しかし、年功序列の崩壊や有名企業の不振が顕在化していき、もうこのテンプレートは昭和の遺物として扱われることになりました。

     

    これからの時代は、「自分の生き方は自分自身でデザインしていく」世の中になりました。もちろん従来通りの生き方でも構わないのですが、従来の生き方ができない人は、それぞれ独自の道を往くという選択肢が与えられました。それにより多様な生き方がインターネット上で提示され、プロブロガーやユーチューバーといった新しい職業が生まれました。今はまだ道半ばですが、これからはもっと意外な職業が新たに生まれるかもしれませんし、本業とは別に副業も併行するのが当たり前になっていく可能性も十分あります。

     

     

    これらの時代の変化については、堀江貴文さんの『多動力』に詳しく述べられているので、気になる方はそちらを読んでください。立ち読みだけでも、十分に価値をもたらしてくれます。

     

     

     

    もう、レールに沿って進路を決めていく時代は終わりました。これからは、レールがそもそも存在しない時代です。故に、自らがハンドルを握り、アクセルを踏んで動いていかなければなりません。どんなに周りが羨む理想の生き方をしていたとしても、その生き方が自分の生きたい生き方でなければそれは不正解です。逆に、周りがさげすむような生き方だったとしても、本人が満足であればそれは正解と言えます。正解が無くなった世の中は、言ってみれば「何でもアリ」なのです。なので、「これが正解なんだ」と言えばそれでOKなのです。

     

    とりあえず、まずはこの本を買いましょう。この本を読んで、自分にはどんな人生が正解なのか「自分の頭で」考えましょう。まずはそれからです。

     

     

    JUGEMテーマ:仕事のこと

    category:脱社畜活動 | by:C4comments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    Google AdSense
    Twitter
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 地域おこし協力隊を辞めました
      C4
    • 地域おこし協力隊を辞めました
      C4
    • 地域おこし協力隊を辞めました
      乞食太郎
    • 地域おこし協力隊を辞めました
      まるまるまるもり
    • ロザンの宇治原じゃない方もタダ者ではなかった!-『身の丈の合った勉強法』書評
      .
    • ツイッターでお礼、してますか?
      MM
    • マンドリン評論家としての初仕事をさせていただきました!
      まんどまにあ
    • Mandolin Lovers Clubの会費は妥当か
      C4
    • よく調べて・よく考えてから行動する人間は、凡人である
      pm
    • よく調べて・よく考えてから行動する人間は、凡人である
      とおりすがり
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...